トラクター(コンバイン)でドライブ

トラクターは男のマシン

ですが女性が運転してもとくに問題はありませんよ。

男性的な乗り物といって真っ先に思い浮かぶのはトラクター、いつからかそのような イメージが定着していますし、これに異を唱える方はいないでしょう。 この乗り物は農家の方なら所有している確率が高いマシンで、中古ならそれほど 高くはないのでほぼ一家に一台という地域もあるでしょう。

続きを見る

トラクターのキャビン

屋根はあるので傘をさしながら運転、てことにはなりません。

農耕具に限らずさまざまなものを牽引するのに役立つトラクターは、エンジンを駆動 させて動力を得るところがとても自動車に似ております。 車輪もついていますし、かわった形状の自動車という認識でもそれほど間違っては いませんから、普通自動車を運転する技量があれば操縦をマスターするのはそう 困難ではないかと世間では思われています。

続きを見る

操作方法

トラクターの操縦は普通自動車に似ている部分も多いですね。

コンバインやトラクターにもアクセルやブレーキがついていますが、このあたりは 自動車をとほぼ同じなので難易度は低でしょうか。 ただ左右別々にブレーキがあるので、ここだけはちょっと慣れが必要になります。 なぜそんなことになっているのか、それはトラクターを自由自在に操作するには ブレーキが左右それぞれにあったほうが便利だからです。

続きを見る

トラクターの役割

ここで基本に戻って、なぜ耕すのかも考えてみましょう。

農家の方はどうして田畑を耕すのか、これについて深く考えたことのある人は いったいどれだけいるのでしょうか。 農業を営んでいる方ならいざ知らず、猟師や調理人、美容師さんだとたいていは 「そんなこと考えたことないです」と答えるでしょう。 一番の理由は農作物が根を張って育ちやすくなるよう、土を柔らかくすることです。 硬い地面では種を植えられませんし、地上に種を撒いたって良好な発育は望めず 秋に豊作となる可能性は限りなくゼロです。

続きを見る